パーツやグレードを観察する

タイヤ

タイヤもブレーキ同様、目的に合わせてタイヤの種類が違っています。 例えば、ロードバイクの場合は、スピードが出たりコーナリング性を高めるために、表面に凹凸があまりないタイヤが使われていますし、オフロードを走るための自転車は

Read on »

ブレーキ

ブレーキというのは、実はいくつかの種類に分かれています。 例えば、雨が降っているときに、ブレーキ力がアップされたり、制御しやすいブレーキなどがあります。 どのような目的で乗ることが多い自転車なのかによって、装備されている

Read on »

アジャストシステム

乗っている人によって身長や脚の長さなどは違っているものです。 その人に合わせて、ステムの角度調整やサドルの高さを調節することができるのがアジャストシステムになっています。

Read on »

サドル

サドルというのは、座るためのパーツになっているのですが、このサドルもいくつかの種類があります。 サドルの種類によって、クッション性が異なっており、値段の高いものだと角度調整をすることもできるようになっています。

Read on »

ギアの構造の違い

自転車によって、ギアの構造が違っています。 いわゆるママチャリといわれるような自転車の場合、内装ギアになっていることがほとんどです。 内装ギアの場合は、ギアを切り替えることができません。 反対に、シティバイクなどの自転車

Read on »

フレーム

フレームというのは、車体の骨組みのことを指しており、いろいろな素材のフレームがあります。 軽くて衝撃吸収を求めるのであれば、少し値段は高いですが、カーボン素材で作られているフレームを選ぶといいでしょう。

Read on »

サスペンション

地面の段差などの衝撃を吸収してくれるのが、サスペンションの役割になっています。 乗り心地を重視するのであれば、サスペンションがある自転車のほうがいいですが、あまり脚に負担をかけたくないのであれば、サスペンションがない自転

Read on »

フェリスミニ

タイヤに装着してLEDライトで夜間でも存在をアピールすることができるようになっているのが、フェリスミニです。 車輪が回転したら、円を描くように光りますので、遠くからでも自転車の存在が分かるようになっています。

Read on »

ヘルメット

学生の頃はヘルメットをかぶっていたけど、大人になってからヘルメットをかぶっていない人もいるかもしれません。 ですが、転倒してしまったり事故に遭ったとき衝撃から頭を守ってくれるのに必要なアイテムです。 事故というのは、いつ

Read on »

かご

かごが付いている自転車とそうではない自転車がありますが、普段の生活で自転車を使っていたり、荷物を持つことが多いのであれば、かご付きの自転車を選ぶほうがいいでしょう。 最近は小径車でも、日常生活で使う人が多いためか、かご付

Read on »